【ThreadRipper/Core iX】最強のCPU50選

最強のCPU50選

4K動画のエンコードや3DCG制作におけるレンダリングなどクリエイティブな作業において、CPUは速いほど時間が短縮され、作業が快適となる。あるいはゲームにおいてより高いFPSを目指す時にはGPUだけではなく、CPUの処理性能が重要となってくる。

そこで本サイトではベンチマークで圧倒的な値を叩きだす個人向け最強のCPUを50選してランキングで提示する。

CPU性能比較表もあるのでロマンには手が出せず、一般的なCPUを手に入れたい人はそちらを参考にして欲しい。紹介する順位表の見方等は下記を参考。

PassMarkと3DMark、Cinebenchについて+

PassMarkは重い計算処理を回す、動画のレンダリングを行うなど、CPUが様々な使われ方をされた場合の総合的な性能を評価している。この値が高いほどCPUが絶対的に高速であるといえる。

3DMarkはゲーミングPC用のベンチマークで、複数のテスト項目がある。そのうち3DMark FireStrikde PhysicsはGPUの性能に影響されず、純粋にCPUの能力を計測するテストとなる。主にゲーム用としてパソコンを使う場合には3DMarkが参考になる。

Cinebenchは3D動画編集などクリエイティブな作業におけるパフォーマンスとして主に参考にされる値である。レンダリングという光の反射等を計算して最終的な一枚絵を作り出す時の性能を評価している。

スコアは毎年新規のCPUが出るたびに少しずつ上がるが、スコア自体が何を意味するかというものではない。新旧世代の製品や、シリーズ違いの相対比較に用いるのが良い

本サイトではPassMarkの定番のCPUとそのスコアを抽出し、3DMarkのFire Strike Physics Score、Cinebenchの値も抽出できるものについては抽出している。ソースは下記となる。

ベンチマークの参照ページ
  • PassMark - CPU Popularity・・・メジャーCPUの総合性能評価。定番以外はトップページから参照
  • 3DMark - BEST PROCESSORS (Fire Strike Physics Score)・・・ゲーム用途での性能評価、シングルスレッドの性能、コア、スレッド数当のバランスがゲームのソフトウェアに上手くマッチすることでパフォーマンスが高くなる
  • Cinebench R23 (Multi-Core)・・・独MAXSON社が提供する有名ベンチマーク、シネベンチ。動画処理系や複数アプリの実行に強いマルチスレッド性能を計測
  • Cinebench R23 (Single-Core)・・・シネベンチのシングルスレッド性能計測、ゲームやアプリケーションの起動などはこちらが大きく影響。ただ、バックグランドの処理がデータ計測に与える影響も大きく、データの信頼性はやや欠ける
  • CPU型番の読み方、末尾の意味一覧+

    リストにより性能を比較する前に、前提条件としての型番の読み方を抑えておこう。

    例としてIntel Core i9 10900Kのi9はCPUのシリーズ、10900の最初の10は世代、後ろの900はマイナーバージョンを表す。世代番号が大きいほど最新のモデルで、マイナーバージョンが大きいほど高性能である。

    同様にAMD Ryzen 9 5950Xの最初の9はシリーズ、5950の5が世代、950がマイナーバージョンである。お尻のKやXは種別を表し、Intel、AMDでそれぞれ下記を意味する。

    Intel CPUの末尾文字
  • アルファベット無し・・・通常版
  • X・・・オーバークロックに対応、Kと同じだが、Intelの最高峰CPUを冠した文字
  • K・・・オーバークロックに対応
  • F・・・CPU内臓グラフィック(iGPU)無効、グラフィックボードを搭載しないと描画できない。デスクトップ向け
  • H・・・ハイパフォーマンス、ゲーミングノートに主に使われる
  • P・・・第12世代で初登場、ノート用でハイパフォーマンスと低消費電力を両立させた万能タイプ
  • G・・・内蔵グラフィック強化版・Adobeなどの動画像編集やゲームで有利
  • T・・・低消費電力版、ノートパソコンや小型デスクトップに使われる、スペック高め
  • U・・・15Wウルトラ低消費電力版、事務作業に最適でバッテリー寿命も長い
  • Y・・・5Wの超低消費電力版。パワーは弱い、ライトユーザ向け
  • M・・・モバイル向け、第5世代以降使われていない
  • Q・・・クアッドコア(現在は使われていない)
  • AMD CPUの末尾文字
  • アルファベット無し・・・通常版
  • X・・・AMDの最高峰CPUを冠した文字、Intelと同様
  • G・・・GPU内臓(AMDのCPUはG以外だとグラフィックボードが必須)
  • H・・・ノート用ハイパフォーマンス、ゲーミングノートに主に使われる。
  • U・・・低消費電力版、Intelと同様
  • E・・・低消費電力版
  • CPU性能比較表の読み方。注意・注目点+

    この比較表では、CPU名、PassMark、TDP、コア数、スレッド数等の項目が載っているが、それぞれについて注意点を簡単に掲載しておく。表を見て比較する時の参考として欲しい。

    CPU性能比較表の読み方。注意・注目点
  • PassMark・・・絶対的な評価基準、高いほど総合的に優秀。
  • 3DMark・・・PCゲーム用スコア、CPUのテストであるFire Strike Physics Scoreを掲載。高いほどゲームに向き、フレームレートが出やすい。
  • Cinebench・・・動画像処理に必要なCPUの能力を図るテスト、マルチスレッド性能とシングルスレッド性能を計測。シングルスレッドは高いほどゲームやアプリの起動などに効く。
  • TDP・・・熱設計電力を表し、消費電力の目安。単位はW。ノート向けは概ね50W以下で探せば良い。
  • コア数・・・CPUの演算ユニットの数、多いほど同時複数の処理を得意とする。
  • スレッド数・・・パソコンから見える仮想的なコア数。1コアあたり2スレッドのケースが多いが2コア2スレッドには能力で劣る。
  • 最大周波数・・・パソコンの速度の基準の一つ、5GHzは1秒間に5億回の計算命令を発行できるタイミングを持つ。命令の効率にも依存するため一概には言えないが、一般的に高いほど単一で重い処理を高速にこなす事ができる。
  • 価格・・・単位はドル、アメリカでの参考販売価格。日本だとおおよそ120程度を掛けた値となる。輸入価格が上乗せされやや割高な感がある。
  • コスパ・・・PassMarkの値を価格で割った値。数字が大きいほどコスパが高い。まあ参考程度に。
  • 検索/フィルタリング方法の例・詳細+

    ヘッダー部分をクリックすることでソートが行える。また、CPU名称はカンマ区切りをすることでor条件で調べられ、各スコアはレンジ(-)や不等号でフィルタリングすることができる。

    フィルター方法の例(該当するフォームへ入力)
  • i5-10,i5-9,i5-8・・・第10世代と第9世代と第8世代のCore i5を比較
  • Ryzen 7 3,i7-9・・・第3世代Ryzen7と第9世代Core i7を比較
  • core.*-11・・・第11世代のCPU。.*はワイルドカードで任意の文字列が入る
  • 1 - 20000・・・スコアが1から20000まで、-の間にはスペースが必要
  • <50・・・TDPが50W未満の省電力CPUのみフィルタ
  • >=4・・・コア数が4以上
  • >100・・・参考価格が100ドルより上
  • 最強CPUの種類

    Windowsパソコン用のCPUとしてはAMDとIntelの2社が独占状態であるが、それぞれが目的に応じた最強のCPUをリリースしている。

    AMD/Intelの最強CPUシリーズ
  • ThreadRipper・・・プロの動画制作現場で使われることを想定してマルチコア性能に比重をおいたAMDの大型CPU
  • Ryzen X・・・ゲーミングや動画制作など一般用途でハイパフォーマンスを追求したRyzenのシリーズ。XはExtremeを意味する
  • Core i9 Xシリーズ・・・プロの動画制作現場で使われることを想定したIntelのマルチコアプロセッサ
  • Core i9 Kシリーズ・・・シングルスレッド性能が高く、最強のゲーミングパフォーマンスを追求したIntelのプロセッサ。マルチコア化も進みクリエイティブな作業も快適
  • これらのCPUは一般的なWebブラウジングやオフィス用途は快適なことはもちろん、クリエイティブな領域とゲーミングの領域にそれぞれ特化した性能を持つ。

    特にクリエイティブな領域における映像編集のレンダリング作業は膨大な計算量が要求され、非常に時間がかかるため、マルチコア性能を可能な限り引き上げて時間を短縮しようと各社奮闘している。

    3Dモデリングソフト(Blender)から光の物理演算をして下記の画像を一枚作るだけでもデスクトップ用Core i5CPUで8分かかるので、時間短縮によるメリットはかなり大きい。

    映画の制作現場では1フレーム生成に最長6時間かかったなど苦労話には事欠かない。ともあれ長くなるので動画編集の話は下記リンクに任せるとする。

    ゲーミングの領域に関しては、マルチスレッドが同様に性能に影響を与えるものの、一定数以上のコア数を有効活用できないなどゲームライブラリ側の制約もあるため基本的にはシングルコアの性能が高いものがパフォーマンスを得やすくなっている。3DMarkとCineR20のシングル性能を特に参考にすると良い。

    FullHD60FPSという通常の環境でプレイするには十分すぎるので、144FPSや4Kでより滑らかな映像を楽しみたい時にCPU性能が必要となることは理解しておこう。ハイエンドGPUと組み合わせて使う時以外には恩恵は受けられないであろう。

    最強CPU50選

    それでは最強のCPUをPASSMARKの高い順に並べて紹介していく。用途によって最適なCPUは異なるものの一般的なノートCPUがせいぜいPASSMARK7000点とするとその何倍も高性能なパソコンがずらりと並ぶことが分かる。是非あなたのロマンを実現するための参考にして欲しい。

    フィルタ結果をコピー

    定番絞り込み
    50ヒット | CPU名クリックでAmazonへ | CPU売れ筋ランキング
    フィルターをリセット
    縮小表示
    CPU名称
    PassMark
    3DMark
    C_R23(M)
    C_R23(S)
    TDP
    コア数
    スレッド数
    最大周波数(GHz)
    価格($)
    コスパ
    1位:AMD Ryzen Threadripper PRO 5995WX
    103642
    1532
    280641284.5
    2位:AMD Ryzen Threadripper 3990X
    81504
    11061
    74422
    1254
    280641284.3800010.2
    3位:AMD Ryzen Threadripper PRO 5975WX
    81219
    1532
    28032644.5469917.3
    4位:AMD Ryzen Threadripper 3970X
    63737
    10863
    47102
    1270
    28032644.5200031.9
    5位:AMD Ryzen Threadripper PRO 3975WX
    63120
    43450
    1244
    28032644.2407715.5
    6位:AMD Ryzen Threadripper 3960X
    55057
    12000
    34255
    1270
    28024484.5135540.6
    7位:AMD Ryzen Threadripper PRO 5955WX
    50954
    1532
    28016324.5
    8位:AMD Ryzen 9 5950X
    45187
    13765
    28577
    1644
    10516324.954982.3
    9位:Intel Core i9-12900KS
    44563
    20314
    27796
    2082
    15016245.573560.6
    10位:Intel Core i9-12900K
    41846
    18180
    27472
    1997
    12516245.259070.9
    11位:Intel Core i9-12900KF
    41507
    17719
    27472
    1997
    12516245.255075.5
    12位:AMD Ryzen Threadripper PRO 5945WX
    41282
    1532
    28012244.5
    13位:AMD Ryzen Threadripper PRO 3955WX
    40198
    28016324.3202119.9
    14位:AMD Ryzen 9 5900X
    39255
    13090
    21878
    1636
    10512244.839998.4
    15位:AMD Ryzen 9 3950X
    38365
    12959
    24050
    1371
    10516324.775550.8
    16位:Intel Core i9-12900
    36499
    26455
    1988
    6516245.150971.7
    17位:Intel Core i9-12900F
    36064
    26455
    1988
    6516245.151070.7
    18位:Intel Core i7-12700K
    34930
    16209
    22812
    1939
    1251220540985.4
    19位:AMD Ryzen 9 5900
    34789
    20955
    1622
    6512244.7
    20位:Intel Core i7-12700KF
    34558
    16098
    22812
    1939
    1251220537891.4
    21位:AMD Ryzen Threadripper PRO 3945WX
    33441
    28012244.3
    22位:Intel Core i9-10980XE
    33344
    24309
    1191
    16518364.694935.1
    23位:AMD Ryzen 9 3900XT
    32976
    11984
    18511
    1354
    10512244.761953.3
    24位:AMD Ryzen 9 3900X
    32233
    11881
    18165
    1302
    10512244.652861
    25位:Intel Core i7-12700F
    31657
    15085
    21568
    1862
    6512204.9313101.1
    26位:Intel Core i7-12700
    31542
    15097
    21568
    1862
    6512204.934392
    27位:AMD Ryzen 9 PRO 3900
    31407
    6512244.3
    28位:Intel Core i9-12900HX
    31048
    18845
    1902
    551624560651.2
    29位:AMD Ryzen 9 3900
    30628
    11083
    16555
    1281
    6512244.350261
    30位:Intel Core i7-12850HX
    30580
    5516244.842871.4
    31位:Intel Core i9-12900H
    28971
    12683
    16555
    1917
    451420561747
    32位:Intel Core i9-12900HK
    28635
    13329
    18197
    1938
    451420563545.1
    33位:Intel Core i9-10940X
    28584
    21309
    1263
    16514284.672639.4
    34位:Intel Core i5-12600K
    27845
    13170
    17660
    1918
    12510164.928099.4
    35位:AMD Ryzen 7 5800X
    27734
    11366
    15228
    1619
    1058164.731089.5
    36位:AMD Ryzen 7 5800X3D
    27591
    11663
    15003
    1491
    1058164.544961.4
    37位:Intel Core i7-12700H
    27500
    12836
    16745
    1806
    4514204.745760.2
    38位:Intel Core i5-12600KF
    26985
    13108
    17660
    1918
    12510164.9260103.8
    39位:Intel Core i9-10920X
    26559
    16512244.667939.1
    40位:AMD Ryzen 7 5700X
    26426
    13802
    1532
    658164.626599.7
    41位:AMD Ryzen 7 5800
    25823
    10736
    14065
    1593
    658164.6
    42位:Intel Core i9-11900K
    25521
    12499
    16211
    1686
    1258165.339265.1
    43位:AMD Ryzen 9 6900HX
    24984
    14670
    1662
    458164.9
    44位:AMD Ryzen 7 PRO 5750G
    24974
    14350
    1538
    658164.6
    45位:Intel Core i9-11900KF
    24706
    12050
    16211
    1686
    1258165.336567.7
    46位:Intel Core i5-12600HX
    24689
    5512164.628486.9
    47位:Intel Core i7-12650H
    24631
    4510164.745753.9
    48位:AMD Ryzen 7 5700G
    24607
    10062
    14041
    1517
    658164.628985.1
    49位:AMD Ryzen 9 6900HS
    24432
    13977
    1579
    358164.9
    50位:Intel Core i7-11700K
    24183
    11985
    15011
    1569
    125816529781.4

    トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける

    CPU性能比較
    おすすめメーカー
    直販店人気ランキング
    • マウスコンピューター
    • デル
    • パソコン工房
    • Lenovo
    • フロンティア
    • 富士通
    • NEC
    • HP
    • 東芝
    • マイクロソフト
    Topic
    Ranking
    Top