【コスパ最強】デスクトップパソコンのおすすめメーカーランキング

おすすめのメーカーはと聞かれても、質問者のパソコンに対する現在の知識や重視するポイントが何か分からなければ答えることは難しい。

そんな理由でトップページで推薦システムを提供しているわけだが、今回は購入で重要な要素であるコストパフォーマンスに着目して、各パソコンメーカーをランキング形式で紹介する。

コストパフォーマンスが高いとはコストの割にハイスペックな部品を搭載したパソコンと定義する。

この記事は管理人がデスクトップパソコンを購入する時に基準としている考え方に基づいて記述するため、全ての人に最適であるわけではないが、それでも考え方は参考にしてもらえればと思う。

パソコンの初心者で、初めてパソコンを購入するような人であっても極度のIT音痴でない限りは問題はない。迷わずお買い得なパソコンを購入して欲しい。

この記事の目次
  1. なぜデスクトップメーカー選びにコストパフォーマンスが重要か?
  2. おすすめメーカーランキング
    1. 1位: デル - コスパの黒船、大企業の安定感
    2. 2位:パソコン工房 - コスパで選ぶならBTOで最初に見るべき
    3. 3位:フロンティア - 原価割れも心配されるセール品
    4. 4位: SEVEN - メイド・イン・アキバの高コスパパソコン
    5. 5位: ストーム - 高品質なモデルを高コスパで
    6. 6位:マウスコンピュータ - 安心してネットでパソコンを購入
    7. 7位: Lenovo - 安かろう良かろうの中国メーカー
    8. 8位: HP - デザイン性とコストを両立
    9. 9位: TSUKUMO - 最先端のパーツをいち早く格安で
  3. パソコンメーカーの選び方
    1. 拡張不要のボリュームゾーンモデルはDell/HP/Lenovoから選ぶ
    2. 今後拡張予定の場合はBTOメーカー
    3. ゲーミングPCはコストとデザインのバランスを考慮
    4. セール品を狙う

なぜデスクトップメーカー選びにコストパフォーマンスが重要か?

パソコンはCPU、メモリ、ストレージといった汎用品を組み合わせて完成するものであり、どのパソコンメーカーも本質的には組み立てを行っているだけである。ノートパソコンであれば排熱構造や軽量化、タッチパネルなど各社特色を出しやすいものの、デスクトップパソコンに関しては差異化できる点がほとんどない。

OSも各社Windowsを搭載しているため、機能面での差はほとんどない。差異化できるポイントとしてはコスト、デザイン、サポート体制、初期ソフトぐらいとなる。

このうちデザインはユニバーサルに美しいデザインはあるものの主観的。

サポート体制に関して、操作方法のサポートに関しては不要である。今は検索すれば大抵答えは見つかる上に、デスクトップパソコンは蓋を空けて自分で問題解決ができる。(ただ製品保証など最低限のサポートに不安があるメーカーに関しては除くが)

初期ソフトも不要だ。ついていれば嬉しいかもしれないが、代わりのより良いサービスが大抵ネットで見つかるし、ごちゃごちゃ最初から様々な機能が入っているとかえって煩わしさを感じる。不要なソフトのために余計な初期コストを支払う理由はどこにも存在しない。

よって残るはコストのみということになる。パソコン作業の快適さの大半がスペックで決まってくるため、より高性能な部品を如何に格安で入手できるかが重要なポイントである。

デスクトップパソコン選びのポイント
  • コスト・・・価格を抑えて高性能なパソコンを入手するために意識すべきポイント
  • デザイン・・・要素の一つだがまずは価格を見るべきか
  • サポート体制・・・スマホでググれば大体解決、修理の時も購入メーカーを頼る必要は無し
  • 初期ソフト・・・初期ソフトでパソコンが重く、画面が煩わしくなる可能性も。探せばすぐに代替ソフトは見つかる。
  • CPUやグラフィックボードの情報は誤魔化せないが、SSDや電源の種類などの人目に付きにくい所で格安メーカーは細部を削っており、それが安さに繋がっており真のコスパが見抜きくいところもある。この辺りも考慮しランキングを作成した。

    おすすめメーカーランキング

    それではおすすめのメーカーを紹介していく、上で述べた通りデスクトップパソコンを選ぶならばサービスやソフト等はどうであれ、コストパフォーマンスを重視して紹介していく。

    NECや富士通のような高価格帯のメーカーの紹介は省き、コスパを考慮したときに購入に値するメーカーのみを厳選して紹介する。

    1位: デル - コスパの黒船、大企業の安定感

    アメリカ合衆国のテキサス州に本社を置く大手メーカーで時価総額は4兆円程度と、日本のパナソニックを凌ぐ企業価値である。パソコンは世界シェアトップクラスであり、パソコン以外にもクラウドやセキュリティなどのITソリューションサービスを手がけており業務は幅広い。

    パソコン販売では店舗販売をほとんど行わず、ネット通販に特に注力している。そのコスト競争力は高く、特にInspironは大量生産により値段がかなり抑えられている。スモールシャーシーとミニタワー型のデスクトップパソコンを検討する時には必ず候補としたい。

    ただパソコンは海外から発送のものが多く、即納モデル以外は納期まで10日程度掛かるのが欠点。楽しみながらじっくり待とう。

    サブブランド
  • Inspiron: スモールデスクトップならまず検討すべき機種。圧倒的な価格競争力でWiFi/Bluetooth機能まで搭載。管理人も家族用に購入。
  • ALIENWARE: デザイン性と高コストパフォーマンスを兼ねそろえた恐るべきゲーミングパソコン
  • 2位:パソコン工房 - コスパで選ぶならBTOで最初に見るべき

    信頼性が高いBTOの老舗メーカー。パソコンの中級者が好んで購入する。

    マウスコンピュータの子会社であるものの、初中級者に人気の高いマウスコンピュータと比べるとサポートコストや広告宣伝費を抑えられるのかコストパフォーマンスが高い。

    通常のデスクトップパソコンからゲーミングパソコンまで幅広く展開し、ローエンドからハイエンドまで全てのパソコンで価格が安定して安い

    比較検討をする時の一つのベースとなってくるので必ずチェックしよう。

    3位:フロンティア - 原価割れも心配されるセール品

    BTOの草分け的なブランド。もともとはフロンティア神代という会社だったが、経営の悪化からヤマダ電気の完全子会社となり、同様に子会社のインバースが事業を引き継いでいる。

    製品はオンラインが中心であるが、秋葉原のインバースショップやヤマダ電機の一部の店舗でも購入することができる。

    格安デスクトップPCを売りとしており、教育機関や研究施設などへの導入実績も厚い。必要な機能に絞ったパソコンを開発していると言える。

    特にグラフィックボード搭載のセール品は神コスパなので、ゲーミングパソコンを検討の場合は必ずチェックをしておきたい。一方でグラボを搭載していないモデルはあまり期待はできない。

    4位: SEVEN - メイド・イン・アキバの高コスパパソコン

    株式会社セブンアールジャパンという小規模な会社が製造・販売をしているパソコン。製造から販売まで秋葉原で行い、上級者向けのコアなパソコンも販売。

    もともとある程度パソコンに詳しい人しか購入しないため、サポート等はそれほど期待できないが、ローエンドのものからプロ顔負けの動画編集に使うような超ハイスペックなカスタマイズパソコンまで高いコスパで手に入れることができる

    スペックからパソコンを絞り込め、価格順で並び変える事ができるので、すぐに希望のパソコンを探し比較検討を行うことができる。必ず一度はチェックすべきである。

    5位: ストーム - 高品質なモデルを高コスパで

    一般販売の他、BtoBにも力を入れる老舗メーカー。価格帯をざっとみたところ一見コスパが悪そうに見えるが、全くそんなことはなく、熱効率の良い電源、メモリなど細部に渡り高品質なパーツで統一している。

    特に、価格が10万円以上するミドルレンジ以上のパソコンになってくると割安感が増してくる。税込み価格での表記もBTOメーカーでは珍しく好感が持てる。

    BtoBの面では、マイクロソフトやNTTなど幅広い大手企業にパソコンを納入していることも安心感がある。

    また、アルミ仕様のケースや、キューブ型パソコンなど、オリジナル感のあるパソコンを探している場合は是非チェックしておきたいメーカーである。

    6位:マウスコンピュータ - 安心してネットでパソコンを購入

    乃木坂のCMにより有名となった株式会社マウスコンピュータが運営するパソコンストア。東京都中央区に本社があり、液晶モニターメーカーであるイーヤマを吸収合弁しておりiiyamaブランドのモニター販売も手がける。

    パソコンではゲーミングPCブランドのGTune、クリエイティブPCブランドのDAIVと細かくモデルがある。またパソコン工房やFaithを傘下に持つ。Faithはパソコン工房に吸収され、パソコン工房内で販売を行うという複雑な形に現在はなっている。

    マウスコンピュータはパソコンの構成に無駄が無く、目的ごとに幅広いラインナップを揃えているため、騙されたと思って購入してもそのパソコンのクオリティに関して文句を言う人は少ないだろう。

    また一部上場企業であり、パソコンに詳しくない人もターゲットとしているため、信頼性や製品に関するサポート体制も厚い。

    コスパも高いため、はじめてネットでパソコンを購入するというケースでは是非おすすめしたいメーカーである。

    サブブランド
  • G-Tune: マウスのゲーミングブランド。コスパもそれなり。
  • DAIV: クリエイター向けのブランド。Adobe After Effectsを使用する人や3Dモデリングを行う人などプロのクリエイティブ作業に最適なモデル。
  • 7位: Lenovo - 安かろう良かろうの中国メーカー

    IBMのパソコン事業を買収して引き継いだ中国の巨大メーカー。北京に本社を構える。世界シェアトップでNECや富士通とも協力し、部材を共同調達している。

    プレミアム価格帯のNEC/富士通、コストパフォーマンス重視のLenovoと棲み分けができている。サイトは2重価格が激しくクーポンありきな感じであるが、適用後の価格は世界シェアトップに恥じないコスト競争力となっている。

    サブブランド
  • Ideacentre: 家庭用に適したデスクトップ、WiFi/Bluetoothも対応でオールインワンモデルも低価格。
  • Legion: スマートでかつアグレッシブなデザインのゲーミングPC
  • 8位: HP - デザイン性とコストを両立

    HP(ヒューレッドパッカード)はPCやプリンタなどコンピュータ関連製品の製造販売を行うシリコンバレーの大企業。世界シェアは常に1位・2位をLENOVOと争う。

    コストパフォーマンスもさることながら、デザイン製も高く、普段PCの外観にはさほどこだわることが無い管理人も、デザインが良いので5000円ぐらい上乗せで払っても良いかと思わせてくれるパソコンも多い。

    サブブランド
  • Pavilionicon: HP人気No1の個人向けデスクトップPC。スモールシャーシならDellのInspironかPavilionは悩みどころ。
  • OMENicon: プロゲーマーの期待に答え続けるこだわりのゲーミングPC、コスパはやや悪め。価格競争力ではPavilion Gamingがおすすめ。
  • 9位: TSUKUMO - 最先端のパーツをいち早く格安で

    2009年にヤマダ電機に買収されたパソコンメーカーで、秋葉原にて企画、設計を行っている。最新パーツをいち早くパソコンに搭載し、価格も低価格。パソコンパーツのショップとしても有名である。

    コスパがとりわけ高いわけではないが、キャラクターコラボ等購入意欲をそそられるモデルも多く気になる存在である。

    パソコンメーカーの選び方

    NECや富士通といった初心者向けプレミアム路線のPCを除去して、最安値が見つかるパソコンメーカーを上記では絞ってきたが、それでも一択では無く、多くのメーカーから再び絞らなければならない。

    私自身は購入のたびにメーカーを変更しており、マウスだったりデルであったりと行ったり来たりしている。しかし選び方は一貫したものがあるので紹介したい。

    拡張不要のボリュームゾーンモデルはDell/HP/Lenovoから選ぶ

    パソコン購入時のスペックでそのまま使いかつ、そのスペックがボリュームゾーンのものである場合には、大手外資系が最もコストパフォーマンスが高い場合が多い。

    DellのInspironとHPのPavilionのスリムモデルは特に有望な選択肢となるだろう。

    これらの機種は消費電力が低く電気代でもメリットが得られ、さらに無線機能が標準的に搭載されており、スペックもその機種に最適にチューニングされたものとなっている。

    また、モニターと一体となったオールインワンパソコンが欲しい場合はこれらのメーカーしか販売していないこともありDell/HP/Lenovo等から選ぶこととなる。

    平常時の消費電力が大手外資系メーカーのものがBTOメーカーと比べると30W程度は少ないと思われる。1日4時間パソコンの作業をするとして5年使うとすると年間で約1000円、5年で5000円程度電気代がお得になる。 BTOと迷った場合には、この値段さもある程度考慮に入れると良いかもしれない。

    今後拡張予定の場合はBTOメーカー

    3Dゲームを後々するかもしれない場合やPCパーツを購入してマシンを改造したい場合にはマウスやフロンティアなどのBTOメーカーを選択しておくと良い。

    管理人も現在はBTOのPCであり、HDDからSSDへストレージを換装したり、VRをするためにグラフィックボードを高価なものへ交換するなど、変化する要求に合わせてPCを定期的にアップデートしている。

    他、BDドライブや地デジチューナーの埋め込みなどできることは幅広い。

    大手メーカー製のPCでも拡張は可能だが、電源を十分に確保することができないなど柔軟性に乏しいケースがあるため、電源容量や筐体サイズ等に十分気を付ける必要がある。

    ゲーミングPCはコストとデザインのバランスを考慮

    ゲーミングPCは独特のデザインにより付加価値を上げているメーカーが多い。デザインをとるかスペックを取るかは各自の判断で行う必要がある。

    コストパフォーマンスだけを考えるとGALLERIA、フロンティア、ストームなどBTOパソコンが良い。ただDellのALIENWAREも総合力でいえば見逃せないところである。

    セール品を狙う

    BTOか大手メーカーかを決めたら、最後はコストパフォーマンスが高いモデルをネットサーフィンして探す。ここで紹介しているサイトを探せばほぼ希望するスペックでの最安値は探し出せるはずである。

    特に各メーカーが打ち出している特売品は単純な売り文句ではなく確かに特売品となっており、価格競争力があることに疑いの余地はない。積極的に狙っていこう。

    トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける

    おすすめランキング
    目的別パソコンの選び方
    直販店人気ランキング
    • マウスコンピューター
    • Lenovo
    • デル
    • パソコン工房
    • フロンティア
    • 富士通
    • HP
    • ASUS
    • NEC
    • 東芝
    • マイクロソフト
    この記事の目次
    1. なぜデスクトップメーカー選びにコストパフォーマンスが重要か?
    2. おすすめメーカーランキング
      1. 1位: デル - コスパの黒船、大企業の安定感
      2. 2位:パソコン工房 - コスパで選ぶならBTOで最初に見るべき
      3. 3位:フロンティア - 原価割れも心配されるセール品
      4. 4位: SEVEN - メイド・イン・アキバの高コスパパソコン
      5. 5位: ストーム - 高品質なモデルを高コスパで
      6. 6位:マウスコンピュータ - 安心してネットでパソコンを購入
      7. 7位: Lenovo - 安かろう良かろうの中国メーカー
      8. 8位: HP - デザイン性とコストを両立
      9. 9位: TSUKUMO - 最先端のパーツをいち早く格安で
    3. パソコンメーカーの選び方
      1. 拡張不要のボリュームゾーンモデルはDell/HP/Lenovoから選ぶ
      2. 今後拡張予定の場合はBTOメーカー
      3. ゲーミングPCはコストとデザインのバランスを考慮
      4. セール品を狙う
    Topic
    Ranking
    Top