【コスパ最強】おすすめCPU50選

CPU性能比較

自作パソコンにしても購入するにしてもコストパフォーマンスの高いCPUを知っていれば、それだけ自分の求める性能に見合ったパソコンを低価格で手に入れる事ができる。

今回はCPUの総合的な能力を示すPASSMARKを価格で割った値をコスパと定義して、コスパの高いCPUを上位から紹介していく。

ゲーム用やアプリの起動は3DMarkやCinebenchのSingleスレッドのベンチマークが能力を見るのにより適しているなどの特徴があるため、PASSMARK以外のベンチマークにも注意を向けて総合的に判断しよう。

また、より多くのCPUを探したい場合はCPU性能比較表を参考にして欲しい。このページではコスパパフォーマンスが高いCPUを厳選して紹介する。ランキング表の見方やベンチマークの意味に関しては下記を参照して欲しい。

PassMarkと3DMark、Cinebenchについて+
CPU型番の読み方、末尾の意味一覧+
CPU性能比較表で注意・注目すべきポイント+
検索/フィルタリング方法の例・詳細+

あなたにとって高いコスパのCPUは何か?

CPUには大きくシングルスレッド性能とマルチスレッド性能という2つの性能指標がある。このうちシングルスレッド性能はWebサイトを閲覧する時の快適さやアプリ起動、ゲーミング性能に大きく影響する。一方でマルチスレッド性能は動画のエンコードやレンダリングといったクリエイティブなタスクや複数の重い処理を平行して行う時に大きく影響する。簡単に表にまとめる。

シングルスレッドが有利なタスク
  • Webサイトの閲覧・・・Webサイトの言語(JavaScript)がマルチスレッド対応していない関係もあり、Webサイトの表示までの速度はシングルスレッド優位である。快適にWebサイトで買い物や動画視聴を楽しむ場合はコア数を気にしなくても良い。
  • アプリケーションの起動・・・大抵のアプリはシングルスレッド性能が高い方が立ち上がりが速い。複数のスレッドを回してアプリの立ち上げを速くするようなスキームは聞いたことがない。
  • ゲーミング・・・マルチスレッドの性能を十分に活用できていないゲームが多いため、結果としてシングルスレッド性能が高いCPUの方がベンチマークスコアが高く、動作が安定する。

アプリがサクサク動くのを重視したいならばシングルスレッド性能が重要となる。次にマルチスレッドが有利なタスクについて

マルチスレッドが有利なタスク
  • 動画のエンコード・・・動画編集ソフトで最後に動画ファイルとして書き出す処理、FullHDで書き出すには遅いノート用のCPUだと15分程度の動画が30分以上掛かったりするが、マルチスレッドに強いデスクトップCPUだと5分程度にまで短縮ができる。
  • 3Dのレンダリング・・・リアルに描画された映像を作る時に、光や物理演算が必要となるが、その性能。マルチスレッドで高速化できる。
  • 圧縮ファイルの解凍/圧縮・・・大抵のアプリはシングルスレッド性能が高い方が立ち上がりが速い。複数のスレッドを回してアプリの立ち上げを速くするようなスキームは聞いたことがない。
  • ゲームをしながらYoutube実況・・・動画配信のリアルタイムエンコードとゲームという複数の重いタスクは複数のCPUコアに仕事を任せられるマルチスレッドが得意とするところ
  • ウイルス対策ソフトを回しながらWebブラウジング・・・ある程度負荷のかかる作業をバックグラウンドで行う時でもマルチスレッド性能に強ければ安定して動作できる。

よってどういったパソコンの使い方をするかによって、おすすすめのCPUは変わってくるのである。

ランキングとしてはPASSMARKのスコア順に算出するが、PASSMARKはコア数・スレッド数が多いCPUが高い得点を出しやすい傾向にある。よってシングルスレッドが優位となる3DMarkやCineSingleといった他の指標も確認しつつ、自分がどのようにパソコンを使うのかを想像しながら最終的なCPUを決めていこう。

使い方によってはオーバースペックとなって割に合わない場合もあるため注意しよう。例えばPASSMARKは9000点を超えるあたりからはWebブラウジングの快適さで体感として違いが分からないため、Webサイトの閲覧を主とする場合にこれ以上のCPUを求めても仕方がない。PASSMARKの目安を上げるので参考としてほしい。

PassMarkの目安
  • 19000~・・・ゲームで高いFPSを目指す時、プロフェッショナルなクリエイティブ用途。圧倒的じゃないか
  • 11500 - 19000・・・複数アプリでのハードなPC作業も余裕でこなせ速い。高度な3Dゲームを快適にしたい場合
  • 8000 - 11500・・・日常的なPC使いでは余裕のパフォーマンス、動画編集やゲームも快適にこなせる
  • 5500 - 8000・・・日常的なPC使いで遅いとは思わないレベル。テレワークではこれぐらいは欲しい。
  • 3000 - 5500・・・体感的な引っかかりが稀に気になるレベル。裏でウイルススキャンとか走ると辛い
  • 2000 - 3000・・・動画やブラウザでの引っかかりがあり、若干イライラさせられる、遅い
  • ~2000・・・敢えて言おう、カスであると

事務やゲーム用途はIntel、クリエイティブや同時並行作業はAMD

用途別のおすすめを問われるとクリエイティブや同時並行作業が多い人はマルチスレッド重視で、コア数が多いAMDのRyzenがおすすめでき、事務用途やゲーミングではシングルスレッド性能が相対的に高いIntelのCore iシリーズがおすすめできる。

個人的な意見で言えば、コストパフォーマンスを考えた総合力という観点ではRyzenが今のところ上といった感じはある。ゲーミング性能もRyzen第3世代以降、インテルと遜色のないレベルになってきた。

しかしAMDのデスクトップ用のCPUはGシリーズを除いてグラフィック機能が無く、グラボも同時に購入する必要があるため、機能を抑えコスパを上げていると言えなくもない。

グラフィック機能がないとマザーボードからの映像出力が無くなり、4画面などの複数画面出力が難しくなるところが個人的には地味に痛い。ちなみにIntelも9100Fなど末尾にFが付くシリーズは別途モニタへの映像出力でグラボが必要なため注意しよう。

コスパ最強のCPU50選

それではCPUをコスパの上位からランキングで紹介する。基本的にデスクトップパソコンがノートパソコンに比べてコスパが高いので殆どがデスクトップ用CPUとなった。

定番絞り込み
| CPU名クリックでAmazonへ
フィルターリセット
縮小表示
CPU名称 PassMark 3DMark C_R20(M) C_R20(S) TDP(W) コア数 スレッド数 最大周波数(GHz) 価格($) コスパ
1位:AMD Ryzen 5 2600
13197
5809
2736
374
656123.914094.3
2位:Intel Core i3-10100
9006
4910
2284
448
65484.310090.1
3位:Intel Core i3-10100F
9047
2087
415
65484.310883.8
4位:AMD Ryzen 5 2600X
14050
6049
3048
421
956124.217082.6
5位:AMD Ryzen 7 3700X
22934
9670
4834
501
658164.428081.9
6位:AMD Ryzen 7 2700X
17655
8313
3951
411
1058164.322080.3
7位:AMD Ryzen 7 PRO 3700
21904
4985
514
658164.428078.2
8位:AMD Ryzen 3 3200G
7235
3219
1481
390
654449576.2
9位:AMD Ryzen 5 3600X
18323
7149
3751
501
956124.424574.8
10位:AMD Ryzen 5 5600X
22208
8174
4562
604
656124.629974.3
11位:Intel Core i5-10400F
12693
7058
3197
450
656124.317174.2
12位:AMD Ryzen 7 PRO 4750G
21323
4834
500
658164.428973.8
13位:AMD Ryzen 9 3900XT
33012
12372
7244
539
10512244.745572.6
14位:AMD Ryzen 5 3600XT
18919
7365
3855
519
956124.526172.5
15位:AMD Ryzen 9 5900X
39525
13318
8468
637
10512244.855071.9
16位:AMD Ryzen 9 3900X
32902
12211
7178
521
10512244.646071.5
17位:AMD Ryzen 7 1700X
15519
7552
3336
344
958163.821970.9
18位:AMD Ryzen 7 3800X
23471
9906
4960
509
1058164.533570.1
19位:Intel Core i5-10400
12345
7034
3197
450
656124.317869.4
20位:AMD Ryzen 3 3100
11777
4673
2351
437
65483.917069.3
21位:AMD Ryzen 5 1600
12262
5478
2501
357
656123.618068.1
22位:AMD Ryzen 7 3800XT
23912
10180
5122
539
1058164.735966.6
23位:AMD Ryzen 5 3600
17923
7031
3689
472
656124.227265.9
24位:Intel Core i5-9400F
9602
5203
2407
423
65664.114765.3
25位:AMD Ryzen 3 3300X
12787
5067
2588
495
65484.320063.9
26位:AMD Ryzen 7 5800X
28681
11455
5724
628
1058164.745063.7
27位:Intel Core i3-10100T
7552
1947
399
35483.812261.9
28位:Intel Core i3-9100
6801
1630
445
65444.211061.8
29位:AMD Ryzen 5 3400G
9381
4001
1969
412
65484.215560.5
30位:Intel Core i9-9900K
18905
10954
4995
518
95816532059.1
31位:Intel Core i3-9100F
6783
3722
1630
445
65444.211559
32位:Intel Core i9-10900F
21473
12826
5912
529
6510205.236558.8
33位:AMD Ryzen 9 5950X
46760
14007
10428
647
10516324.980058.5
34位:Intel Core i3-10300T
8355
2049
401
35483.914358.4
35位:Intel Core i5-10500
13328
7362
3392
467
656124.523057.9
36位:Intel Core i5-10400T
10453
2582
366
356123.618257.4
37位:Intel Core i5-9400
9500
5152
2155
404
65664.116657.2
38位:Intel Core i5-9600K
10848
5963
2624
481
95664.619057.1
39位:AMD Ryzen 9 3950X
39201
13321
9148
531
10516324.769056.8
40位:Intel Core i5-10500T
10808
2829
396
356123.819256.3
41位:Intel Core i7-9700K
14495
8060
3656
481
95884.926055.8
42位:Intel Core i7-10700F
17252
10157
4834
499
658164.831055.7
43位:AMD Ryzen 5 PRO 4650G
16598
3473
486
656124.229955.5
44位:Intel Core i5-9600KF
10993
6027
2643
475
95664.620055
45位:Intel Core i7-10700K
19706
11384
5292
524
1258165.136054.7
46位:Intel Core i5-8400
9185
5086
2291
411
6566417253.4
47位:Intel Core i5-10600T
11330
2993
415
35612421353.2
48位:Intel Core i9-9900KF
19103
11079
4995
518
95816536053.1
49位:Intel Core i7-9700F
13813
7304
3644
465
65884.726053.1
50位:Intel Core i5-10600
14120
7620
3556
494
656124.827251.9

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける