【4年間余裕】大学生へおすすめのノートパソコンとスペック

大学生から初めて自分用のパソコンを持つ人は多いと思う。しかし今までスマホだけで生活をしてきた人も多く、いきなりノートパソコンを購入するのは大変な作業である。

そのため大学の生協などで大学新入生向けパソコンが新生活応援パソコンとして売りに出されている。それを購入するのもありだが、大抵は無難なPCが手厚い保証やサービスとともに販売されるいわゆる情弱向けの製品である。

また、「あまり使わないから取り敢えず安いもの買っておけばいいか」という考えも間違えである。教養課程までは良いが、いざ就職活動やゼミや研究が本格化した時にスペックが間に合わず買いなおす羽目になるからである。

本記事では現役ソフトウェアエンジニアの管理人が、軽い、速い、4年間安心して使用できるという観点で、大学生へおすすめのパソコンをスペックと共に紹介する。

大学生の子供にこれからパソコンを買って上げようという両親の方も是非参考にして欲しい。

大学生向けのパソコンに求められるスペック

それでは早速どのようなパソコンが求められるかを一つ一つ丁寧に解説していこうと思う。

1kg以下の重量

大学生は広いキャンバス内を授業の度に移動しなければならない上、教授の書いた分厚い本も持ち歩かなければならない。当然ロッカーなどは無い。

このような状況で更にパソコンまで持ち運ぶとなるとかなりしんどい。会社の営業職でもない限りこのような過酷な状況は社会人でも無いと言える。

大学生は若さはあるとは言え、長い受験勉強により体は貧弱となっており、重いパソコンを毎日持ち運べる体とは言い難い。

そこで軽いことが重要である。具体的には1kgを切るレベルが毎日持ち運ぶにはおすすめである。ただし体育会系は別、こだわらずに重いパソコンを持ち運んでも良い。

12.1インチ-14.1インチ程度のサイズ

大きいと作業領域は確保しやすいものの、嵩張ってカバンにいれるのも難しくなるため13.3インチが個人的にはベストだと思う。

12.1インチは小さすぎて肝心の作業が行いにくい。14.1インチは作業はやりやすいが、やや大きい。選ぶにしてもベゼルの狭いものを選ぶことが重要である。

確かに家でしかパソコンを使わない場合は、作業領域が大きい15インチ以上のノートパソコンやデスクトップパソコンを使う方が作業を行いやすい。

しかし結局ゼミや就職活動時にモバイルノートが必要になるケースが多く、買いなおす必要性が出てきてしまう。

本格的な3Dゲームをやりたい場合はモバイルノートの他にゲーミングデスクトップPCを買う必要があるだろう。 ハイスペックなゲーミングPCをメインで使い、外に行くときはややスペックの落としたノートパソコンを使うという手もある。

12時間以上のバッテリー持続時間

キャンバス内でバッテリーを確保するのは大変な場合も多い、一日図書館に籠りレポートを仕上げられるだけのバッテリー寿命は欲しいところである。

公称値10時間のバッテリーは7~8時間程度しか持たない事が多い。またバッテリーは次第に劣化して行くので4年間を考えると12時間以上公称値としてあるとどんな場合でも安心できる。

CPUはPASSMARK 6500点以上

CPUはパソコンの頭脳にあたり、計算演算処理を担当する重要なパーツである。インテルが有名でCore i3,5,7と呼ばれるシリーズのCPUをパソコンメーカーに提供している。

Core i5以上が良いなどと初心者向けの記事には書かれており、決して間違えではないが、Core i5の中にも世代やデスクトップ向け、ノート向けなど複数の種類が存在して一概には言えないところがある。

このためCore i5で安いノートパソコンを購入できたなどと喜んでいると、実は昔のCore i5で、最新のCore i5よりもずっと性能の悪いものだった、なんてことは往々にしてある。

このような事態にならないために、本サイトではCPUの総合的な性能評価指標であるPASSMARKスコア(下にリンクあり)を見ることをおすすめしている。

4年間快適に過ごすためには最低6500点以上は欲しいところである。それ以下は買わないように注意しよう。4年次でゼミや卒論のレポートに追われる事になった場合、性能の低いCPUでは余計に時間が掛かってしまう。遅いと思わない事が重要だ。

また、動画の軽い編集を行う機会があると思うが、そのような時にもCPUのパワーが必要である。

ちなみに店舗で遅いパソコンを触って、意外と速いじゃんと思う人は多いかもしれないが早計である。パソコンを使っているうちに、いろいろなソフトをインストールするに従ってパソコンの処理は徐々に遅くなっていくものである。

キチンとそれを管理できれば良いが、そんなことに時間を取られたくはないであろう。

PASSMARK6500点以上のパソコンは下記のリンクから探してほしい。

CPU性能比較表
ノートパソコン向けリンク。PASSMARK6500点以上を一つの基準としてパソコンを探していこう。

メモリは8GB

メモリとは立ち上げているアプリケーションの状態を保持するために使う機能であり、足りないと複数のアプリケーションを立ち上げた時に急に終了してしまったり、動作が極端に遅くなったりする。

4GBだと心もとないので、8GBをおすすめする。16GBは多くの場合過剰であり、そこまでは宝の持ち腐れである。メモリを何ギガにすべきか興味があればは下記を参照。

メモリの選び方
16GBが必要なケースはあるが、その場合デスクトップパソコンを別途購入するのがおすすめかな。

USB TypeA端子があること

データの受け渡しはUSBメモリで行うことが多い。USBメモリは多くの場合Type Aが多いため、この端子がついてることが重要である。

Macbook Airや一部のハイエンドのパソコンにはType-C端子しか無い場合も多く、いざという時にデータの交換ができなくなる場合がある。

もちろん端子を変換する機器は購入することができるが、持ち歩くのも面倒である。

また、携帯電話の充電をパソコンから行うためにTypeCの端子が付いているのも評価できるポイントである。

さらに、HDMI端子がついていることもポイントが高い。プレゼンテーションを画面に表示する時に、最も普及しているものがHDMI端子である。もちろん変換器があれば問題がないのだが、持ち歩くのも面倒である。

BD/DVDドライブ(光学ドライブ)は外付けに任せる

CDから音源を取り込む、あるいは宴会用のムービーを作成するといった用途でDVDドライブが必要になることはある。

だが外出したときに使うことはあまりないし、ドライブを搭載することにより重くなり、パソコンの故障率も高くなる。

よってドライブは外付けに任せるべきであり、パソコン本体とは分離してリスクを減らすべきである。

ストレージの容量がSSDで512GB

ストレージは文書ファイルや動画、写真を保存する領域であり、パソコンの電源を切っても保存されるものである。

大学生活では写真や動画を撮りパソコン内に保存することが多い。もちろんGooglePhotoなど無制限で写真や動画をアップロードできるサービスを使えば問題はないが、高画質に一定の制限が掛けられているなど満足ができない可能性があり、アップロード作業も時に面倒である。

また、100GBを月額幾らかで預かってくれるオンラインストレージサービスもあるが月額課金をしなければならず、心理的に抵抗がある場合もある。

よってパソコンに撮りためておくケースが多くなると予想される。そのためにはある程度の容量があった方が都合が良いので512GB程度搭載しておこう。

ただ、外付け安いハードディスク(HDD)を購入してそこにデータを放り込むという方法もあるので、それほど神経質になる必要はない。そういった意味では予算との兼ね合いで256GBでも良いであろう。外付けHDDは1TB(1000GB)でも2TBでも安く購入できるので、こちらの方がリーゾナブルではある。

Microsoft Office Home and Businessが付属

文書作成ソフトのWord、表計算ソフトのExcel、プレゼンテーション資料作成のPowerPointは学生がほぼ必ず使うことになるソフトである。

レポート作成はWord、実験で数値を整理をする時にExcel、ゼミでの発表でPowerPointといった感じである。

特にExcelとPowerPointは社会人になってからも使う機会があるので大学生の間にある程度使い慣れておいた方が良い

パワーポイントで資料も作成できない新入社員が私の会社に来たものならば、一体どうしようかと頭を悩ますことになってしまう。是非頭の柔らかいうちから使っておいて欲しい。

Microsoft Officeには一般販売されているものとしてOffice PersonalとOffice Home and Businessの2種類があるが、Office PersonalはWord/Excel/Outlookの入ったパッケージでPowerPointが含まれていないためOffice Home and Businessを選択しよう

その他/大学生向けパソコンスペックのまとめ

以上をまとめると下記が推奨のスペックとなる。これを基準にしてパソコンを選んで行こう。

大学生向けパソコンスペック
  • サイズ・・・13.3インチ(12.1-14.1インチ程度まで)
  • CPU・・・PassMark6500以上あれば良い。リンク先はそのリスト一覧
  • メモリ・・・8GB。16GBはやや過剰
  • ストレージ・・・SSD512GB。256GBで外付けのHDDを容量が増えてきたら買うのもあり
  • 重量・・・1kg(1000g)以下
  • 端子・・・TypeA、Type-C、HDMI端子が揃っていると嬉しい
  • OS・・・Windows10 Home Editionが一般的
  • バッテリー・・・12時間以上
  • DVD/BDドライブ・・・必要時に外付けを購入
  • Office・・・Microsoft Office Home and Business

文系と理系でノートパソコンの必要スペックは変わらない

理系では実験などで計算やグラフ作成を行う機会が多いため、パソコンはハイスペックなものを使い、文系では文書作成が主なため、低速なものでも構わないという主張がある。スマートフォンに例えるならば、理系は最新のiPhoneを使い、文系は低スペックな格安スマホで十分というぐらいナンセンスな主張である。

実験でそれほどパソコンのスペックが必要となる作業は存在せず、あったとしてもそれは大学の専用パソコンを使用して行うことになる。

また、モバイルノートはそもそもバッテリー駆動時間や熱の消費電力の関係からCPUの性能が低く、文系・理系を問わず、ある程度高価なものを搭載しておかないと4年間、場合によっては6年間を乗り越えられなくなる。

本格的な3Dゲーム、Adobe After Effectsなどプロが制作現場で使用するような動画編集、膨大な処理時間を要する人工知能の計算が可能なパソコンを購入する場合には、必然的にデスクトップパソコンを購入することになる。

デスクトップパソコンはノートパソコンに比べて値段も安く、スペックは高いので、必要になった時に別途購入すれば良いだろう。

低スペックで文系は耐えられるが理系は厳しい場合がある

理系学生の中には個人でプログラミングをしてアプリを開発したいという人もいるだろう。そのような場合に例えばメモリが4GBの格安パソコンを購入してしまうと場合によっては厳しくなる。

例えばAndroidアプリの開発ではパソコン内で疑似的なスマートフォンであるエミュレータを動作させる必要があるが、その起動に2GB程度のメモリを使用する。残りのメモリで他のアプリケーションを動かそうとなると、たちまち動作が遅くなるか、場合によっては強制終了してしまうだろう。

レポート作成が主な作業である文系学生にとっては重いアプリケーションを動かす可能性が低いので、低スペックなパソコンだと遅くはなるものの、耐えれば何とか使えるという状態になる。

文系だと低スペックなパソコンでも何とかなる可能性は高いものの、やはり遅いと本来の役割を十分に果たすことができない。パソコン購入の予算がないならば、スペックは落とさずにコストパフォーマンスの高いメーカーに切り替えることがおすすめである。

大学生におすすめのノートパソコンはこれ

それでは具体的なおすすめパソコンの紹介に入っていく。あまり選択肢が多いと絞れなくなるので、4つ紹介したいと思う。また、人気のSurface Proについても注意点を解説する。

それぞれノートパソコンはCPUやメモリをカスタマイズして選ぶことができるので、購入する時はPASSMARKのスコア等にも気を配りつつ選択をしていこう。

Dynabook GZシリーズ | 軽さとスキのないモバイル性能

DynabookのGシリーズは大学生に必要な機能が全て備わった最有力のパソコンである。

バッテリーは20時間近く持ち、重量も800gを切り、持って軽いと確実に感じるレベルである。最近のハイエンドパソコンでは軽視されがちであるTypeAやHDMIの端子もばっちり付属しており、このパソコンを購入して大学生活で不便を感じることはまずありえないであろう。

ビジネスにもおすすめで、大学生の初めから社会人の2年目ぐらいまで暫く活躍できることは間違えない。軽量・堅牢・高速を兼ねそろえた最強のパソコンである。末永く使っていける安心の一台と言える。

Dell Inprison 13 | コストパフォーマンスと3Dゲーム重視

Dell Inprisonのハイエンド13インチモデルも1kgを僅かに切るコストパフォーマンスが非常に高いモデルを用意している。

またGeforce MXというグラフィックボードを積んでいるモデルを選択でき、これを搭載することで、快適とは言えないまでも3Dゲームを標準画質でなら楽しむことができるようになる。ドラゴンクエストのオンラインのような軽いゲームならば高画質でも十分できる。

コストパフォーマンスを重視してパソコンを選びたい人、あるいはパソコンの3Dゲームも少し興味があるという人には最適な一台となる。

一方で公称値としては表記が無いが、バッテリーは7~8時間程度しか持たないので4年間使っていると5時間程度しかバッテリーが持たなくなることは予想できる。その他の必要スペックは備わっている。

もっともそれで大抵のケース問題はないと思われるが、注意点として挙げておく。足りない場合はモバイルバッテリーを持ち歩くと良いが、その分重くなるので必要な時に応じてといったところか。

富士通LIFEBOOK UH | 世界最軽量ノート

富士通のLIFEBOOK UHシリーズはNECのPro Mobileよりも軽く、最軽量構成とすると700gを切る重量となる。

小型のタブレットPCなどでこの重量は見ないことは無いが、本格的なモバイルノートでこの重量を実現していることが売りである。

バッテリー駆動時間も11.5時間あり、12時間には満たないが十分なレベルであり、他の必要条件は全てクリアしている。

移動の多いキャンバスライフで4年間快適に過ごすにはもってこいのモデルである。

コンバーチブルなタイプも選択できるが、コンバーチブルは動画の視聴やタッチペンで絵を書きたい時に楽しい機能である。やや重量が増すが、それでも1kgは大きく切るのでライフスタイルに応じては選択しても良いだろう。

フロンティア | 最先端が圧倒的なコストパフォーマンスで!

フロンティアのモバイルノートは圧倒的なコスト競争力がある。無駄な広告費を掛けずに質実剛健なパソコンを格安で提供する会社がフロンティアである。

NSシリーズはノートパソコンは14インチで1kgを切り、バッテリーは13時間を超える、またCPUや無線、Type-C端子まで最先端の規格を搭載しておりスキも無い。

他社と同性能のパソコンを比較するとこのパソコンが圧倒的に安いことに気付くはずである。

ちなみにフロンティアはヤマダ電機の子会社で、知名度こそ低いものの、パソコンに詳しい人の中では非常に定評がある玄人志向の会社である。大手家電量販店がバックについているということも安心材料である。

Surface Pro | おしゃれだが癖の強いパソコン

Surface Proはデザイン性が高くて大学生に人気が高いモデルである。

重量は800gを切り、タブレットとしても使うことができ(2 in 1とも呼ばれる)、ペン付きで講義のメモを電子的に取り込むこともできる。CPUもハイスペックでOfficeも標準で付属とくると死角は無い。

しかし万能故の中途半端感は否めない。支えのキックスタンドによる画面の角度が固定で自由に変更できずLAPTOP(膝上)にも拘わらず膝の上では不安定で使えない。

画面サイズは12.3インチと本格的な作業をするには小さめで、電子ペンは確かに滑らかであるが紙とペンの方が頭に入るので結局使う人は少数派。ビジネスの現場でも未だ使用している人は見たことが無い。

バッテリーは10.5時間と少し短め。HDMI端子が無いため、プレゼンテーション時には外付けの変換器を使う羽目になる。

小回りが利き、クリエイティブな使用も可能でかつタブレット化できエンターテイメント性も高い楽しいパソコンであることは確かであるが、購入は欠点にも目を向けつつ判断すべきである。

トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける