液晶モニター(液晶ディスプレイ)の選び方

パソコン用の液晶モニターは各社から多数発売されているものの、一体何を基準に選べば良いのか、どのモニターがどの作業に適しているのかなどよくわからないと思われる。本稿では目的に合わせた最適なモニター選びを説明する。

モニター機能早見表

パソコンモニターには複数の機能が備わっており、画面を見るだけのものにしては複雑で分かりにくい。そこでどのような特徴があり、目的別に何を見れば良いのかを整理した。それが下の表である。

特徴 備考
共通 解像度 液晶モニタのドットの数
イヤホンジャック ヘッドホンに繋ぐことができる
音声出力 あるとスピーカー不要。音質はほどほど。
入力端子 端子の種類、バージョンにより解像度とFPSが異なる
USB端子 電力供給、映像出力等いろいろ使える
作業用 ノングレアタイプ(非光沢) ギラギラしてなくて目に優しい
高さ調整機能 作業中に正しい姿勢へ
チルト角(傾き)調整機能 パソコンの椅子でだらっとした時に便利
ブルーライトカットモード 色を自分で調整しなくても良い
IPSパネル 色が安定して目に優しい?といわれているが不明
映像用 グレアタイプ(光沢) 映像の色合いが綺麗
ベゼル(縁)が狭い 臨場感が出て映像に迫力が出る
高画質技術 超解像技術、独自の描画エンジンなど
コントラスト比高め 高いと黒がはっきりして映像が綺麗。1000:1程度が標準
視野角広め 一人で見るときは正面から見るので無関係
ゲーム用 144Hz(fps)対応 映像の滑らかさ、通常は60fps、2倍以上の描画性能
応答速度が速い ボタンを押してからの反応の速さ。1msが最速

以下ではそれぞれの項目に対して簡単に述べていき、最後におすすめのモニターを紹介しようと思う。

共通項目

まずはパソコン作業用、映像鑑賞用、ゲーム用のすべてのモニターを選ぶときに必要な項目から確認する。

最適な解像度はどれくらい?

まず解像度とは画面を表示するためのドット(画像を表示するための細かな点)が横、縦それぞれで何個あるかを示す値である。この点が集まって画面は構成されている。

点が多いと情報を表示でき、例えば縦解像度が高いとWebサイトをスクロールしなくとも多くの情報を表示することができる。

また解像度が高いほど高精細で、動画も綺麗に表示することが可能だ。

デスクトップ用のモニターの現在の標準的なサイズはFullHDと呼ばれる解像度で横1920ドット、縦1080ドットである。23から4インチでFullHDが主流となっている。

13.1インチのノートパソコンでFullHDの場合は文字が小さくなりすぎるためそれほど大きな解像度はあまり必要ではないが、18インチ以上あるパソコンモニターでFullHDでないと、やはり作業は行いづらいし映像も楽しめないため、FullHD以上の解像度を持っていることが望ましい

因みに4K(横3840ドット、縦2160ドット)は高精細すぎて映像には良いが、パソコン作業は行いにくい。パソコン作業を行うならば画面を4分割して使う方法もある。興味があれば4Kモニターにおける複数画面出力を参考にしてほしい。

サウンド機能の有無に注意

デスクトップパソコンの本体を購入しただけではまだ音が出ない。音を出すには別途スピーカーを購入するか、サウンド機能付属のモニターを購入する必要がある。

液晶モニターは薄いので、厚みのある音を出すには向かない。よって音質は決して悪くないもののほどほどであるが、スピーカーを別途購入する必要もないので費用の面と、スペースの面で有利である。

またサウンド機能に対応していなくても、音声出力端子(イヤホンジャック)は付いている場合もある。この場合、パソコン本体からではなく、モニターへ有線ヘッドホンやヘッドセットを挿して使えるため便利。

イヤホンジャックと音声出力の有無は見落としやすいポイントなので気を付けよう。

映像出力端子を確認

端子はDVI、HDMI、DisplayPortなどの種類が対応しているかを確認する必要がある。DVIやD-sub端子は対応していないことも多いので、そのようなパソコンを持っている場合は注意が必要となる。また、4Kモニターの場合は30FPS対応か60FPS対応か等をチェックする必要がある。

Frame Per Secondの略。1秒間にパソコンが描画する画像(Frame)の枚数。60FPSが標準で、30FPSとなるとマウス移動にカクツキが見られるなど滑らかではない。

チェックポイントは多いので下記の表にまとめてみる。

映像出力端子 特徴
D-sub D-Sub 15ピンとも呼ばれ、古くから存在するアナログ端子規格。2048x1152の解像度まで表示可能、FullHDは表示可能である。音声は伝送されないため、モニターにイヤホンジャックを挿し込んでも音は出ない
DVI デジタル規格で解像度は1920x1200まで対応する。こちらも音声は非対応。画質は特にD-subより優れているということは無い。シングルリンクとデュアルリンクの2種類があり、デュアルリンクの場合144FPSやより高い解像度に対応可能。
HDMI 主流の規格だがVersion違いに注意。Ver1.4から4K(3840x2160)30FPS対応、Ver2.0から4K60FPS及び、アスペクト比21:9の出力に対応。Ver2.1からは4K120FPS及び8K(7680x4320)60FPSに対応。音声信号も映像と共に送るため、イヤホンジャックや付属のスピーカーから音が出る。
Display Port Ver1.2以上で4K75Hzを出すことができる高速なケーブル。HDMIと同様音声信号も送られる。
USB Type-C Altモードにて映像出力に対応していればDisplayPort Ver1.2相当の映像出力が可能。モニタにUSB Type-Cがあればまず対応している。音声も対応。

まとめると、FullHDの解像度を単純に出力するだけならば、どの端子でも問題ない。音声出力をモニターや、モニター付属のイヤホンジャックから行う場合はHDMI/DisplayPort/USB Type-Cを使う必要がある。また、4K解像度や60FPSを超えるフレームレートを実現しようとすると相応のケーブルが必要となる。

USB端子

USBポートがついているモニターがある。USB Type-C経由でパソコンとモニタ-を接続すると、モニター自体がUSBハブの役割を果たし、パソコンと同様にUSBメモリやキーボード接続に使うことができる

一方でHDMIなど他の接続をした場合はパソコンと同様には使えない。しかし、電力供給は可能なため、携帯電話を充電する、USBのライトをつける、スピーカーの電力をUSB供給するなどの役割で使うことが、こちらも便利である。

ただ、USB端子は安価なモニターからは省かれるため、比較的高価なモニターを購入する必要がある。

Type-Cについて詳しくは下記を参考にして欲しい

作業用モニター項目

パソコンで作業をする時、テレビと比べて集中してモニターを見る必要がある。また、モニターとの距離も近く疲れやすい。

そこでいかに目に優しいモニターを楽な体勢で見ることができるかということが選びの基本となってくる。その項目について説明する。

ノングレアタイプの液晶モニターを選ぶ

まずモニタにはグレアタイプノングレアタイプという2つのタイプが存在する。グレアタイプは液晶が光を反射しやすい素材でできているもので、ノングレアタイプは逆に光を反射しにくいタイプである。

ノングレアのものはチラつきが少なく、作業をするには適しているタイプだといえる。ただし映像を見るには見栄えがあまりしない。

高さ、傾きの調整機能

パソコンの位置は、目線が少し下にくるぐらいがちょうど良いとされている。このため疲れにくい高さに調節できるように高さ調整機能が必要となる。この機能があるタイプとないタイプはちょうど半々程度である。

また長時間同じ姿勢をとることはしんどいので、たまに椅子にもたれかかって、だらっとした体勢でパソコン作業を行いたい時がある。そのときにモニターの傾きを調整できる機能(チルド角調整機能)があれば便利だ。

ブルーライトカットモード

ブルーライトをカットする画質モードを新たに搭載した。などと書かれているが、これは単にパソコンモニターのRGBの設定値をいじっただけであり、自分でも簡単に調整することができる。

RGBのBはBlueであるが、この値を0近くまで落としてやれば全ブルーライトカットというわけである。もっともかなりモニターが黄色くなるため、ある程度はブルーライトを残すように調整はするが。

ボタン一発で調整できますよ、というのがブルーライトカットモードである。よって便利といえば便利だが、それほど必要な機能ではないかもしれない。

IPSパネル

色調の変化が少なく、色合いに滲みが少ないのがIPSの特徴で、それにより目も疲れにくくなるとされている。ただし実際IPSだから疲れにくいと感じたことはない。あまり気にしなくても良いと思う。

他にはTNパネル,VAパネルという種類がある。一般的にTNパネルは応答速度が速いが視野角が狭い、VAはコントラストが高いという性質があるが、個人的にはその差異を感じたことはない。

おすすめ作業用モニター

値段を気にしないのならば I-O DATA モニター ディスプレイ EX-LD2383DBS。高さ、チルド角調整が可能なノングレアモニターで自在に調節が可能。あるいはiiyama ディスプレイ モニター XB2481HSU-B3はサウンド機能も搭載されている。

調節機能を省くならばDell モニター SE2416Hがおすすめ。手頃な価格帯が魅力である。

映像用モニター項目

パソコンで動画や写真を見るときにできるだけ綺麗に表示したい。また如何に迫力のある映像を楽しめるかということもポイントとなる。

人によっては台所からリビングの映像を見るなど、斜めから動画を見たいケースもあるだろう。そのための項目をここでは述べる。

グレアタイプは色合いが綺麗

グレアタイプは一般的に明るく見栄えがするため動画の視聴をするのには適したタイプである。一方で画面が光の反射でちらついてしまい、インターネットで長時間文字を読むことについては向いていない。

映像と静止画の閲覧が7で作業3ぐらいの割合からグレアタイプを選択しても良いと思う。もっともグレアタイプの液晶は映像専用モニターとしてパソコンのセットで付属している以外ほとんど見ない。

ベゼルが狭いと迫力があり良い

ベゼルとはパソコンの縁のことだが、これがあるがためにどうしてもモニターの中で映像が再生されているという意識が生まれるのか、映像視聴中に臨場感が消えてしまうことがある。

ベゼルが狭いとそのモニターのサイズ以上の迫力を味わうことができる気がしてくる。

ちなみにデュアルディスプレイ環境を構築する時もベゼルが狭いとモニタ同士が近づき快適である。

高画質技術

超解像技術が使われている液晶モニターは確かに写真が綺麗に写る。超解像度の強さを調整できるのでそれを0からいじってみると、はっきり分かるレベルで綺麗になる。動画に対しても効力を発揮する。

一方で超解像技術だけでは動きを滑らかに見せる技術ではないため、動きのある映像の場合は割とカクカクしていた。モーションフロー(倍速機能)と呼ばれる技術が動きの滑らかさを表現する技術なのだが、それを搭載しているモニターは発売されていない。

またハイエンドなテレビに搭載されている、コントラストを上げる技術であるバックライト駆動も搭載されているモニターはない。この点はテレビに敵わない。

視野角が広め

視野角が広いと、斜めの角度から映像を見てもはっきりと見ることができる。複数人で映像を見るときには視野角が広い方が良い。ただ、パソコン画面をあまり見られたくない場合は逆に狭いものを選ぶということもいえる。上下左右178°が見た中ではもっとも高い視野角であった。

視野角は下で説明するコントラストが10:1になるまでの角度のことであり、視野角が178°だからといって横からも前からと同じように見えるわけではない。170°と178°では横から見た時やはり178°の方が綺麗にうつることが確認できる。

コントラスト比高めが良い

コントラスト比はディスプレイの中で一番明るいところと暗いところで明るさの差が何倍違うかという指標である。コントラスト比が高いほど黒がはっきりとして写り、映像として綺麗に写る。1000:1程度の比が一般的であるが、それより高いものは映像がよりくっきりとする。

おすすめ映像用モニター

ASUS フレームレス モニター 23インチがおすすめ。スピーカーも内蔵されていて価格も安い、視野角も問題なし。高機能な画像処理エンジンを搭載したものならEIZO FlexScan 23.8インチがおすすめ。このモデルは調整機能もダントツで優れており、映像視聴も作業も行いやすい。

ゲーム用モニター項目

ゲーミングモニターと題して複数種類が発売されているが、価格は通常のモニターと比べて割高である。通常のモニターと比べどのような違いがあるのだろうか?

144Hzと1ms応答が滑らかな映像と快適なプレイができるためのキーワードとなる。

144Hz(FPS)対応

1秒間に何枚の絵を描画できるかがHz(FPS)である。144Hzならば144枚の絵を描いている。

通常のモニターは60Hzなので、2倍以上滑らかになるということである。実際見るとちょっと滑らかになったかなという印象であるが、確かに比較動画を調べてみるとはっきりと分かる。

ただ、60Hzから144Hzにしたときよりも、144Hzから60Hzに落とした時の方が落差を感じるため困りものである。

注意しておきたいが、144Hzに対応させるためには高機能なグラフィックボードを積んだゲーム用PCが必要となる。モニターを買うだけでは60FPSしかやはり出すことができない。

応答速度が速いものが良い

1ms応答とは、映像出力要求を受けてから実際に要求通りにその絵が出力されるまでの時間が1msという意味である。通常のモニターであると速いもので5msといったところ。

これはFPSや格闘ゲームなどシビアなタイミングが求められるゲームの場合に必要でかつ、応答が速いと残像も少なく目も疲れにくく感じる。プロゲーマーでもない限りそこまで必要でないとも思われるが、モニターのせいで負けたと思わないためには精神上必要な気もする。

おすすめゲーミングモニター

144Hz、応答1msのBenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411Pを手頃な価格帯で定評もあるものとしておすすめしておく。

デュアルディスプレイ(デュアルモニター)のすすめ

動画を見ながら作業をしたいような時、動画のウインドウサイズを変更して渋々小さい画面で見る、あるいは文書の編集を調べ物をしながら行うときに一旦文書を最小化してインターネットブラウザを開けるという事はないだろうか?

これは大変非効率な事である。デュアルディスプレイを導入すれば 作業効率が大幅に改善されるであろうし、何より快適である。できれば同種類のモニターを2台買い実現したいが、既存のモニタがある場合はそれを使い回すのも良い。

デュアルディスプレイ環境の構築方法

デスクトップPCでデュアルディスプレイを構築することは簡単である。グラフィックボードがあれば確実であるが、グラフィックボードの無い通常のパソコンであってもD-sub 15pinとDVI端子あるいはHDMI端子が標準で大抵の場合は付いている。

そこで、現在使われていない方のケーブルを買ってきてそれをモニターにつなげば良い。仮に余りの端子がない、現在のパソコンでデュアルモニターを実現するとスペック的に問題がある(基本的に問題はないと思うが)、あるいは設定が難しいと感じる場合でも問題はない。

そのような場合はグラフィックアダプターを購入しよう。USBとパソコンをつなげる事で簡単にデュアルディスプレイを実現してくれる。

グラフィックアダプター自体にもグラフィック機能が搭載されており、パソコン本体のリソースの消費も抑えてくれるため、重くなることもない。

ノートパソコンの場合も同様である。PCの付属の端子とモニタをつなげてやればよい。

モバイルノートパソコンやMacBookAirのような機種に備えられている接続端子は、ディスプレイの接続端子と合わない事も多いが、その場合はmini Display Port - HDMI 変換ケーブルなどの変換コネクタを購入してやれば繋ぐことができる。

なおノートパソコンでグラフィックアダプターが必要になるようなケースは見たことがないので不要であろう。ケーブルと変換コネクタさえあればデュアルディスプレイ環境を構築できるはずである。

また3つ以上のディスプレイを実現する事もできるが、応用的な方法として4Kモニターにより4画面出力するという方法もある。液晶モニター関連記事として載せておいたため興味のある方はチェックしよう。