メモリの選び方

パソコンの速度に大きな影響を与えるメモリ、4GB、8GB、16GB等メモリ容量を決定することが最も重要であるが、他にメモリ自体の速度、デュアルチャネル化など考慮すべき点はある。メモリ関連の用語を抑え、自分に適したメモリを選択しよう。

メモリとは?

メモリとは広い意味ではパソコンの内容を記憶する装置のことを呼び、USBメモリーのような電源を切ってもデータを保持するもの(補助記憶装置ともよぶ)もメモリの一種である。

しかし、パソコンで単にメモリと言えば写真のようなメモリーモジュール(別名SDRAM、DRAM)のことであり、パソコンのOSやアプリケーションを動作させるために必要な情報を読み込み、一時的に保持する役割を果たす。電源を切ると読み込んだ内容が消去され、再度電源を入れると読み込み直される。

パソコンの頭脳がCPUなら、メモリは作業机に当たる。机が小さければ同時に広げられる書類の量が少なくなるし、広ければたくさんの書類を同時に広げて作業ができる。

すなわちメモリ容量が大きければ複数のアプリケーションを同時に開いたとしても、動作が遅くならないという利点がある。

たとえばインターネットでたくさんのページを開いていると次第に動作が鈍くなった事はないだろうか?この原因はメモリ不足の可能性が高い。メモリが足りなくなるとHDD(ハードディスク)/SSDなどのストレージに一時的にデータを退避させるため動作が遅くなってしまうのである。

しかも特にHDDの場合へのアクセスが多くなるとHDDの寿命が縮む原因にもなるのでメモリは十分に確保しておいた方が良い

メモリは8GBあれば十分快適

さて次にメモリの容量であるが4GB、8GB、16GBあたりで悩むことになる。

ネットサーフィンと動画閲覧、メールが中心でブラウザ以外のソフトはほとんど起動することがないならば全く4GBで問題がない。

しかし同時に音楽を再生する、ブラウザでも複数のタブを同時に開く(10個程度)、ウイルススキャンを裏で走らせる。など複数作業を同時にこなすとなると4GBでは動作が全体的にもっさりとしてしまう。8GBであれば問題はない。

メモリの実際の使用状況とその体感

パソコンが今どれくらいのメモリを使っているのかはCtrlとShiftとEscapeキーの同時押しをしてタスクマネージャーを開き、パフォーマンスの欄に行けば確認できる。( 現在のCPU使用率とメモリ使用量が確認できる。)

ここでメモリ使用量が物理メモリの80%程度以上だと頻繁に仮想記憶にアクセスしている、すなわち足りないメモリ分をハードディスクで補っている状態であまり芳しくないといえる。

タスクマネージャーでのメモリー使用状況

今現在管理人のパソコンのメモリは8GBであるが、WordとExcelを開け、Google Chromeブラウザでタブを4つ開き、ホームページ編集用のテキストエディタで作業をしている状態で4.1GBのメモリを使用している。

この状態だとまだ遅くなったとは感じないが、体感的にメモリ使用量が80%を超えるあたりから動作が遅くなっていると感じはじめるため、音楽再生ソフトなど、あと2か3つ他のアプリケーションを起動するとパソコンも遅くなってしまう。まだ余裕がある状態といえる。

パソコンは次第に重くなることを頭に入れておこう

上記の例は、購入して4年目を迎えたケースであるが、パソコンの使用を始めて2年ぐらいはこのぐらいでおよそ2.5GB程度しかメモリを消費しなかった。パソコン購入から4年経過しもろもろ常駐ソフトを入れた結果メモリ消費量が増えてしまったのである。

実際に店頭でパソコンを触っていくつもアプリケーションを開き実験してみて、この程度しかメモリを使っていないのならば4GBで行けるのでは?と4GBのパソコンを購入すると、後で痛い目を見るのである。(とはいうもののメモリの増設はのちに説明するように簡単なので少し手間が増えるぐらいなのだが)

4GBのメモリ2枚と8GBのメモリ1枚なら4GBのメモリ2枚にしろ

メモリにはデュアルチャネルという高速化技術が備わっている。

メモリに1秒間で転送できるデータの容量は製品により決まっており、この容量を帯域幅と呼ぶが、2枚のメモリと同時にデータのやりとりを行うことで帯域幅を増やす技術がデュアルチャネルである。

Webブラウジングやアプリケーションの画面を操作しているだけではこの帯域幅は問題とはならない。しかしメモリを多く消費してかつ計算量が多いファイルの解凍や動画のエンコード、複雑な3Dシュミレーションなどの処理では、CPUとメモリが大量のデータのやり取りを頻繁に行うため、データが通る道幅(帯域幅)が大きいほど処理が高速となる。

パフォーマンスとしては上記処理が10%程度速くなることが多い。 2つのメモリにアクセスしデータの同期をとる必要あるため、単純に帯域幅が2倍になるわけでない。しかし1.5倍にはなり、30%程度データ伝送にかかる時間が短縮される。そして全体の処理過程では最終的に10%程度高速化されるといった感じである。

また大量の描画が必要なゲームを行うときもデュアルチャネル化でかなり滑らかになる。ただし、グラフィックボードを搭載している場合は、それ自体が描画に必要なメモリを内部に抱えているため、デュアルチャネル化の恩恵を受けることはない。

描画自体はグラフィックボードがなくても可能であり、その場合はオンボードチップと呼ばれる最低限の描画機能を備えたモジュールが描画を担う。たとえばインテルHDグラフィックスがオンボードチップの名称の一つである。

オンボードチップは通常のメモリを描画のために使用するため、ゲームでデュアルチャネルの恩恵を大きく受けることができる。

最後にデュアルチャネルの条件として、同じメモリサイズである必要がある。4GB2枚または8GB2枚が大抵の選択肢となる。また、同じ速度である必要は無いが、2つのうち遅い方に合わされるため、片方が高速なメモリだったとしても恩恵は受けられない。

ブランドまで同じである必要はないが、新規にメモリを購入しようとしている場合は注意しよう。

16GBのメモリーがあった方が良いケース

4GBから8GBにメモリを増やすときは8GBから16GBへ増やすに比べてコストは半分で済み、また効果も実感しやすい。しかし時に16GBあった方が良いケースもあるので例を挙げていく。

最新の3DゲームやVRをする場合

ゲームにはどの程度のスペックがあれば快適に遊べるかを各メーカーが推奨スペックという形で提示している。そこで8GBを超えるメモリーを推奨とする海外ゲームがちらほら出始めている。ゲームを快適に行いたい場合は16GBを積んでおいても良いだろう。

プロが使用するような本格的な動画編集ソフトを使用したい場合

例えばAdobe After EffectsやAdobe Premiere Proというソフトは16GB以上のメモリを積むことを推奨している。推奨スペックが動画編集ソフトには書かれているはずなので、その基準に沿うようにしよう。

プロが使うような本格的な動画編集ソフトを使いたい人は最低でも16GBで、できれば32GBは搭載しておきたい。

同時にアプリケーションを大量に立ち上げたい場合

ブラウザのタブを20個開き、バックグラウンドで音楽を流し、ウイルススキャンを裏で走らせ...などして敢えてメモリを多く使用すると16GBの恩恵がギリギリ得られるかもしれない。Google Chromeはあればあるだけメモリを使い、メモリが余っている人には最適なブラウザである。

仮想デスクトップ環境を構築したい場合

プログラミングを勉強するために、Windowsの中にLinuxを入れて動かしたいという場合、メモリを仮想デスクトップ用にいくらか確保しなければならず、その分普段使いのメモリが圧迫される。

同様にAndroidやiOS開発でシュミレーターを起動するといった場合もメモリを多く消費する。プログラマならばメモリ16GBあっても良いかもしれない。

メモリの増設は容易

メモリの増設は単にマザーボードの該当箇所にメモリを差し込むだけであるので簡単である。買ったパソコンでメモリが足りないようであればすぐさま増設すべきである。

メモリの増設方法については購入したパソコンの説明書に、対応するメモリと増設方法が書いてあるので調べてみるか、検索してみるとすぐにわかるはずである。

基本的にはメモリをマザーボードのメモリースロットに挿し込むだけで勝手にパソコンが認識してくれるので難しい作業ではない。電源を切りケースを開け、マザーボードと呼ばれる基盤に既に挿してあるメモリを探し、同じ色をしたスロットに増設したいメモリを挿すのである。

ちなみに異なる色のスロットに挿した場合はデュアルチャネルとならないため挿し間違えないように。全てのスロットの色が同じ場合は1番目と3番目、あるいは2番目と4番目の一つ飛ばしにメモリをはめておけば良い。

他の注意点としてはメモリにはDDR3、DDR4のような規格が存在し、規格が異なるとメモリを指しても認識してくれないことである。

購入したパソコンのメモリ規格を確認し、同種類のメモリーを購入する必要がある。できれば同じメーカーの同じ型番のものを購入する事がパフォーマンスを最大限に発揮し、互換性の問題に運悪く当たらないためには望ましい。

メモリー関連のスペック・用語説明

メモリーの仕様を見ても良くわからないと思うので読める程度に簡単に説明しておく。

下の例で、PC4、DDR4は規格の名前である。メモリ増設を行うときは規格が違えば認識してくれないため注意しなければならない。後ろの19200は伝送速度、この値が大きいほど高速と考えてよい。SDRAMはメモリの正式名称。より詳しく見ていこう。

メモリー容量・規格8GB PC4-19200
(DDR4 SDRAM, 4GBx2, デュアルチャネル, 最大 64GB)
スロット数4

DDR(ダブルデータレート)

Double Data Rateの略、昔のメモリは一つの信号(クロック)でデータの書き込みと読み込みを同じタイミングで行う事ができなかった。

例えるならば貨物列車で行きだけ荷物を持っていき、帰りは何も荷物を持たずに空のまま戻るといった具合である。

そこで新しい規格として帰りも荷物を積んで帰るという規格がDDRである。同時に書き込み、読み込みができるレール数の違いによりDDR2、DDR3、DDR4という規格が存在する。

すなわち貨物列車をDDR2ならば2台、DDR3ならば各レーンを更に並列化させて4台、DDR4ならば更に並列させて8台同時に走らせるといった具合である。

ただし並列化(レーンの数を増やすこと)させるごとに貨物列車のスピードが約半分になるようで(メモリー観点では命令を送るクロックの数が半分になる)、DDR3から4に上がったタイミングでは転送速度はほぼ変わらない。

ただし、各スピードが半分になるという事は安定性が向上して、電力消費が少なくなるというメリットがある。

PC4-19200

PCはPersonal Computerの略ではなく、Pipeline Clockの略である。パイプライン式にデータ書き込み・読み取り信号を流して送り、4はDDRと同じ4番目の規格という意味である。

19200は伝送速度(MegaByte,MB)である。PC4-19200はモジュール規格であるが、メモリーチップの規格としてDDR4-2400(Mt/s)と表現されることもある。

Mt/sはMega transfer per secondで1秒あたり2400Mbitの伝送量がある事を表している。これは1bitの場合で、データ入出力の個数が64個ある64bit対応(現在のパソコンは基本64bit)のメモリーの場合には、そのそれぞれの1bitに相当する部分の伝送量が2400Mbit、バイトに直すと300MB(Mega Byte)であるため64bitで19200MB/s(=19.2GB/s)の伝送速度があることを示している。

DDR-2400とPC4-19200はチップの規格か、そのチップを内包したモジュールの規格を言っているかの違いであり、ユーザー観点での差異はない。PC4-19200はDDR-2400の8倍速いと勘違いしないように

デュアルチャネルの箇所でも述べたが、伝送速度、すなわち帯域幅が大きいほど動画のエンコード/デコード、Zipファイルの解凍などの処理が短時間で終わるようになる。

SDRAM

メモリーの正式名称(Synchronous Dynamic Random Access Memory)、パソコン購入時に単にメモリーと言うとこのSDRAMを指す。パソコンの電源を切るとSDRAMの中で電荷が失われ、記録が消される点でハードディスクやSSDと異なる。

スロット数

メモリー挿し込み口の数、この数により増設が可能かが決まる。基本的にはデスクトップPCで4つ、ノートPCでは2つであるが、モニターと一体型のデスクトップPCや超小型デスクトップPCでは2枚である事が多い。

メモリースロットが2つの場合、4GBのメモリを2枚搭載してしまったがためにスロットの空きが無くなり、16GBへの増設を断念しなければならないう失敗もある。増設を考えるならば空きスロット数には注意を払うべきである。

DIMM、 SO-DIMM

DIMMはデスクトップ用のメモリで、SO-DIMMはノートパソコン用のメモリのことである。DIMMはdual in-line memory moduleの略でSO-DIMMのSOはsmalloutline、要するに小型のDIMMということである。

このモジュールの種類が異なるパソコンにはメモリーを増設する事ができない。SO-DIMMは一体型パソコンなどのスリムなデスクトップパソコンにも使われている。増設時には間違えないようにする必要がある。