レノボの評判 - 世界シェアNo1の安心感と圧倒的コストパフォーマンス

レノボは、2004年にIBMのパソコン部門を買収してパソコン事業を始めた中国の会社である。

世界シェアはトップであり、コストパフォーマンスもデルと並んで非常に高い。しかしサポートが最悪など悪評もそれなりにある。

本記事でのレノボの評判を分析し、購入の判断へ役立てることを目指す。また、実際に売れているモデルや他社比較も同時に行っていく。尚、他メーカーと比較検討したい場合はパソコンメーカーおすすめランキングも併せて参照して欲しい。

この記事の目次
  1. レノボのラインナップと特徴
  2. レノボの評判、総評と項目別評価
  3. 実際に売れているモレノボはこれ
    1. IdeaPad
    2. LEGIONのゲーミングノート
  4. レノボの3大悪評
    1. 修理費が高い
    2. 故障が多い
    3. サポートが最悪
  5. レノボの評判まとめ
  6. 他社との比較

レノボのラインナップと特徴

ノートデスクトップ
モバイルスタンダードゲーミング一体型スリム型タワー型

ラインナップはデスクトップの一体型からゲーミングノートまで全てを網羅する全方位型のラインナップであり、ブランドとしてはエントリークラスのIdeaPad、プレミアモデルのYOGA、ゲーミングのLEGION、法人向けのThinkPadなどがある。

世界でNo1のシェアを持っていることからコストパフォーマンスは抜群に高く、ゲーミングのLEGIONなどは採算が取れているのか分からないような価格で販売されているものもあり、価格表記が間違っているのかと思われるぐらいである。

ThinkPadはトラックポイント(赤ぽち)という小型3Dスティックのようなものがキーボードの真ん中についており、スクロールやボタンクリックが可能である。詳しくはトラックポイントの公式ガイド動画を参考としてほしい。

サブブランド
  • ThinkPad: ビジネス向きの信頼性とセキュリティが高いノートパソコン、テレワーク、在宅ワークにはおすすめの一台。
  • IdeaPad: 驚愕のコストパフォーマンス。コスパ最強ノートパソコンの一つ。予算を抑えてつつサクサク動く。
  • Yoga: IdeaPadがダサいと感じた人のためのスリムベゼルモデル。スタイリッシュでコスパも良好。長時間バッテリー、2 in 1モデルなどバリエーションも豊富。
  • LEGION:コスパ最強のゲーミングPC、本格的な動画編集向けに購入する人もいる。
  • レノボの評判、総評と項目別評価

    レノボのコスパの高さは皆が認めるところであり、特にエントリークラスのIdeaPadはDellのInprisonと並び全パソコン中最もコスパの良いモデルとなっている。

    またゲーミングPCのLEGIONもゲーミングPCの中では最安の部類に入り、高品質で安価なマシンが欲しい場合は有力な候補となるだろう。

    サポートに関しては通常1年のメーカー保証期間であれば修理やトラブルの相談に応じてくれるが、1年を過ぎると1回4000円の有償電話サービスとなり、比較的渋い対応とはいえる。保証期間外ならばLenovoに修理を依頼するより他の業者を頼るのが良さそうである。

    デザインに関しては、まあ可もなく不可もなくといったところで別段おしゃれと感じたことは無い。

    他ThinkPadはビジネス用としてはセキュリティ面が優秀で、顧客情報、守秘義務のある情報を抱えるなど、万が一にもデータを漏らしてはならない場合はThinkPadは良い選択肢となるだろう。

    レノボの項目別評価
  • コストパフォーマンス・・・トップクラスに高い
  • サポート・・・サポートサイトより、保証期間内(通例1年)のみ修理対応を受付。
  • デザイン・・・普通。たまにカッコいいものも見つかる程度
  • 人気・・・当サイトでの人気。コストパフォーマンスを武器に当サイトでもかなり上位にランクイン。
  • 安定性・・・上場企業であり業績も好調。安定した運営が見込める
  • 実際に売れているモレノボはこれ

    本サイトを経由して実際によく売れているモレノボを紹介する。当サイトはパソコンにそれほど詳しくはないが、インターネットで買い物ができるなど標準的なITリテラシーを持った人をメインターゲットとしており、比較して堅実に買い物をしている人が多いと思われる。そのような層で人気が高いパソコンは下記の2つである。

    IdeaPad

    LenovoのエントリーモデルIdeaPadは非常に良く売れている。

    購入の傾向としては、10万円ギリギリの価格で購入されていることが多く、低コストでスペックをギリギリまで高めた高性能なパソコンが欲しいという需要が見て取れる。

    DellのInprisonと並びコスパは世界最強の一つとも言え、大量生産による歩留まり率の安定により故障確率も標準以下であることはほぼ間違えないだろう。

    安かろう悪かろうでは無く、安心して購入できる製品である。

    LEGIONのゲーミングノート

    ゲーミングノートPCも非常に良く売れている。15万円前後で本格的なゲーミングPCが購入できるとあれば当然かもしれない。

    ゲーミングノートは端的に言えばGPUを搭載したハイスペックなノートPCで、動画編集などクリエイティブな用途に使う人も多い。

    お手軽に超ハイスペックなPCを求める人には良い選択肢となるだろう。

    レノボの3大悪評

    悪評は購入時の期待値と実際の乖離から生じるものである。よって購入前に齟齬が出そうな点をあらかじめ抑えておくことが重要となる。ここではネットでの評判を抽出し、その妥当性についてコメントしていく。

    修理費が高い

    その通りである。製品のコストが安いという事は原価が高いという事である。システムボードなどがやられると、作業費と原価や送料でかなり割高となってしまい、買い替えた方が安いという状況に容易になる。

    引取り修理サービス料金を見ると修理に掛かる目安が確認できる。

    正直な話、レノボのパソコンが壊れたら、修理に出すよりも買い替えた方が良いというのが感想である。あるいは修理店に持ち込むというのも手であるが、そもそも部品原価が高いため、そこまで価格差は出ないであろう。

    1年間はメーカー保証が付いているため無償となるが、それ以上は心配ならば延長保証に加入しておくことをおすすめする。

    故障が多い

    初期不良の口コミが多いものの心配には当たらない。偶然不具合に当たった人が不満を述べているに過ぎない。

    特にユーザー数が多いパソコンは不満がネット上に多くても仕方がないであろう。また、初期不良の対応及び、メーカーの一年保証は有効である。

    電子機器の故障率は使用して1年目までは故障率が高く、2年から数年間は低い、そしてその後製品寿命から再び故障率が上昇する。故障率のグラフを書くとちょうどバスタブ(浴槽)のようになるためバスタブカーブとも呼ばれている。

    1ヵ月もしない打ちに動作が不安定になりましたなどの書き込みもあるが、電子機器とはそういうものだと知り冷静に対処すべきである。

    サポートが最悪

    レノボはサポートが最悪というネットへの書き込みは少なからずある。ただ修理で異常に高い見積もりが提出された、オペレータの対応が悪かったなどを腹いせに書き込んでいるだけである。

    レノボのサポート対応は実はNECパーソナルコンピュータが運営を行っており、国内での対応となるし、丁寧なサポートが期待できる

    レノボの評判まとめ

    以上、元IBMのパソコン事業という歴史があり安心の品質とコストパフォーマンスの高さがレノボの魅力である。商品のラインナップの確認や購入を検討している場合は下記から公式サイトへ飛ぶことができる。

    他社との比較

    パソコンの種類や用途により得意なメーカーは分かれるため、当サイトでは選択肢に応じたランキングを制作している。

    デフォルトは当サイトの人気順であるが、探している種類やこだわりがあれば選択し、自分にあったパソコンを探してほしい。

    レノボと似ているパソコンとしてはデルやゲーミングPCならパソコン工房を同時に確認したい。リンクをクリックすると公式サイトへ移動します。

    種類:
    こだわり:
    メーカーコスパデザインサポート人気特徴
    1位:マウス85710マウスコンピュータ。安心感がある国内パソコンメーカーで人気が高い。幅広いラインナップが魅力
    2位:デル10638高いコストパフォーマンスが魅力、世界有数の大パソコンメーカー、キャンペーンも多い
    3位:パソコン工房9558BTOメーカーの老舗。コスパでパソコンで選ぶならば安定のパソコン工房
    4位:Lenovo9547IBMから分離した世界販売トップのメーカー、大量生産による価格競争力は随一
    5位:フロンティア9547ヤマダ電機子会社。グラボ搭載機種のセール品は要チェック
    6位:富士通4876バランスの良さはピカイチ、大手日系メーカー、国内シェアもNECに次ぐ
    7位:HP7756価格、デザインともに充実した世界有数のパソコンメーカー
    8位:NEC4795サポート体制が整っていて抜群の安定感を誇る日本メーカー。国内シェアも高い
    9位:Dynabook4785東芝とシャープからなる会社。軽くて堅牢性が高いノートパソコン。ハイエンドモバイルノートを買うなら要検討
    10位:ASUS7745ノートパッドにテンキーを準備など考えられたデザイン、長寿命バッテリーも魅力
    11位:Microsoft41064デザイン、使い勝手を重視した洗練されたPC
    12位:Apple31043Macbook。デザイン性はNo1、Windowsでないため操作には注意が必要
    13位:SEVEN9433パーツから選ぶ中・上級者御用達のデスクトップパソコン
    14位:TSUKUMO7543特定動画編集用、VR推奨パソコン、キャラコラボ、キューブ型コンパクトPCなど遊び心のあるパソコン多数
    15位:VAIO3862洗練されたビジネスノートを軸に展開、元ソニーだけありクールなデザイン。
    16位:ストーム7632高品質な部品やPCケースにこだわりを持つBTOメーカー。値段が高い製品程コスパが高い傾向
    17位:Panasonic1562データを確実に守る堅牢性が高い凹凸パソコン、教育機関や作家などで絶大な支持。
    18位:LG6521軽量長時間バッテリーでかつ高いコスパのパソコンが欲しいならばおすすめのパソコン

    トップページヘ行きパソコン購入の推薦を受ける

    おすすめメーカー
    直販店人気ランキング
    • マウスコンピューター
    • デル
    • パソコン工房
    • Lenovo
    • フロンティア
    • 富士通
    • NEC
    • HP
    • 東芝
    • マイクロソフト
    この記事の目次
    1. レノボのラインナップと特徴
    2. レノボの評判、総評と項目別評価
    3. 実際に売れているモレノボはこれ
      1. IdeaPad
      2. LEGIONのゲーミングノート
    4. レノボの3大悪評
      1. 修理費が高い
      2. 故障が多い
      3. サポートが最悪
    5. レノボの評判まとめ
    6. 他社との比較
    Topic
    Ranking
    Top