NISAで株主優待の株は買うな

株主優待には税金がかからないから、優待目当てで値上がりや配当をあまり期待していない株に対してわざわざ非課税枠のNISAを使う必要はないわよ!
それって毎年NISAの限度額を超える株式を買おうとしたときに、優待株は一般の口座にするってこと?
そうよ!
ん?NISAの非課税枠が120万円か。。。あがりちゃんはそんなにたくさん運用してないと思うからこの記事必要なくない?
こ、これからお給料やボーナスが上がってきたら必要になっていくんだから!

通常株を売却する時は、その年に売却によって得られた利益のうちの20%を国に税金として納めなければならない。ところがNISAの制度を用いると得られた利益に対して税金を免除してくれる。

国の方針として貯蓄から投資へという動きが昔からあり、日本は銀行にお金を預けるばかりで投資をせず、その結果積極的に株式投資を行う海外に富を奪われているという危機意識がある。

その危機を回避するために国民へ投資を積極的に促すための制度がこのNISAである。国の政策として始まった制度で企業の悪意が入り混じる余地がないため利用しない手はないだろう。現時点で投資できる額は年間120万円であり、5年に渡り非課税状態が継続する。

NISA利用の注意点

NISAの制度について幾つか触れておこうと思う。まず年間120万円が投資枠なのであるが、長期保有を前提として制度が作られているためNISA制度で購入した株をその年内に売ったとしても投資枠は回復しない。

例えば100万円の株を購入して、その株を年内に売ると、投資枠は残り20万円なので、その年に同じ株を買い戻す事はできない。

次に5年を過ぎた株であるが、これは売却するか他の税金のかかる口座に移されるかの二択を迫られることになる。

ただ100万円の株が150万円に値上がりした後一般口座に移された場合。150万円で一般口座にて株が購入されたものとして扱われ、売却時に利益の50万円に対して税金が掛かってくることはないため、安心して一般の口座に移せば良い。

最後にNISAで損をした分に関して損益通算ができない事は押さえておきたい。一般口座で20万円の利益を上げ、NISA口座で20万円損をした場合、トータルでは利益ゼロのため税金を払わなくても良いと考えるかもしれない。

しかし口座が分かれていると損益の通算が適用されないため一般口座の20万円の利益に対して税金が20%かかり、NISA口座を使ったが故に4万円損をすると言ったことも発生し得る。ただ、それでもメリットの方が大きいと思うので積極的に使っていきたいところではある。

NISAで10万円の損失が出て、一般口座で10万円の利益が出たら、2万円を税金で取られてしまい、一般口座だけで運用する時よりも不利益になるケースもあるのね。

NISAで株主優待のある株は買うな

他のページを読んだ人ならば気がつく人もいるかもしれないが、株主優待のためにPERが高くなっている企業、即ち優待目当てに株を購入している人が多く、企業本来の実力以上に値が高い株は、長期的に株価が上がりにくく配当金も少ないため保有資産が増えにくいというデメリットがある。即ちせっかくの非課税枠を最大限に利用できなくなってしまう。

株の投資額が少なく、非課税枠で十分に収まりきるような場合は手始めに優待のある株をNISAで買うことには反対しないが、やはり税金メリットを考えて判断した場合には取りたくはない選択肢であると言える。代わりに優待は行わず利益として株主に還元してくれる会社を積極的にNISAでは選んでいこう。

しっかりと利益を出している企業をNISAでは選んでいきたいわね!