PBR

PBRはPrice Book-value Ratioの略であり、日本語で株価純資産倍率という。Priceは時価総額、Book-valueは帳簿価格、ここでは会計上の解散価値である株主資本(純資産)を表し、Ratioは倍率である。解散価値は仮に会社が解散し、その会社の資産をすべて売却できたとして得られる金額の事である。実際には売り物にならないものも多いため解散価値が適当なものであるかは分からないのであるが。これもPERと並び、株が割安か割高かをPBRが低いほど株価は割安であるとされている。またPERは毎年の収益に応じて値が大きく前後し、例えば保有株の売却益などで特別益を計上したためPERが低くなるといった事があり得るが、PBRは毎年大きく変わるものでないため信頼して使う事ができる。

PBRを用いた株の買い方

PBRが一倍を切るという事はどういう事か?これは会社が存在するよりも、無くなり現金化した方が価値が高いという解釈ができる。しかしPBRが一倍以下にも関わらず安定して業績を上げている会社は多く存在し、PERも十分に低くなっていれば割安と判断され、そのような株は買いの候補と言える。またPBRが低い理由として、株主資本が豊富、即ちキャッシュリッチな会社であるが、業績的には低位で安定して成長が期待されていない事がある。そのような会社は将来の買収対象となりやすく、買収時には株価が急騰するため、そこを期待して購入しておくのも一つの作戦と言える。あるいはキャッシュリッチで現在配当を多く出していない会社であれば増配を期待して買うという事もできる。

割安という考え方以外にも下値の目途として考えるという事も広く浸透している。大手優良企業の場合PBR1倍が下値の目途として意識される場合があり、多くの人が優良企業にも関わらず解散価値よりも株価が低くなっているため、ここは買い時だ、あるいはこれ以上は下がらないだろうなどと考える。実際に株価の下落時であっても1倍まで近づくと下落が止まるという事が起きている。株式市場に参加する人の多くがこのPBR1倍を意識している証拠である。故にPBRが1に近く、さらに業績にも期待が持てる銘柄は株価が下落するリスクが低いため他の株と比べて安心して買いを入れる事ができる。